名古屋の眼科|mozoワンダーシティ|ばん眼科

  • 名古屋のばん眼科
  • 科診療のご案内
  • 院長のご挨拶
  • 院内のご案内
  • 日帰り白内障手術
  • アクセス
  • 目の病気について
  • 目の病気

HOME > 日帰り白内障手術

白内障日帰り手術のご案内

白内障 多焦点眼内レンズによる白内障手術について

当院は多焦点眼内レンズによる白内障手術先進医療実施施設に認定されました。

先進医療実施施設では「多焦点眼内レンズによる白内障手術」の術前・術後の診察などに保険が適応できるほか、民間の生命保険の先進医療特約にご加入されている患者様であれば、先進医療にかかる費用の全額もしくは一部給付を受けることもできます。

この手術は最新の医療機器を使い、安全に素早く手術を行うことができるので、入院の必要がありません。


多焦点眼内レンズ画像


先進医療とは

先進医療とは、一般の保険診療で認められている医療の水準を超えた最新の先進技術として厚生労働省が認めた医療機関のみが実施できる医療行為のことです。
ばん眼科は、2014年1月1日から多焦点眼内レンズを用いた白内障手術を、厚生労働省の承認を受けた先進医療として実施できる施設に認定されました。



多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズとはいわゆる遠近両用眼鏡と似た働きを持つ眼内レンズです。
多焦点レンズに対し単焦点レンズはピントのあう場所が1カ所のみのため、遠方にピントをあわせた場合は老眼鏡が必要になります。


◎多焦点レンズの見え方のイメージ


◎単焦点レンズの見え方のイメージ


遠くにピントを合わせた場合

近くにピントを合わせた場合

先進医療で用いられる多焦点レンズを使用することで日常生活の大部分について眼鏡への依存を減らすことができます。例えば、携帯電話のメールを見ながらテレビを見ることができたり、地図を見ながら観光地の風景を楽しむことができたりするようになります。しかし、若い頃のように全てのものがはっきり見えるわけではありません。




手術料金

多焦点眼内レンズによる白内障手術の費用

  片眼両眼
手術費用 35万円 70万円
手術前・手術後の診察・検査・薬代は、保険診療となります。

※先進医療に関する費用は、非課税となります。
※生命保険会社の「先進医療特約」に加入されている方は、治療費の一部~全部が支給される場合があります。詳しくは加入されている生命保険会社へお問い合わせ下さい。
※先進医療に関する費用は、健康保険の「高額療養費」の対象にはなりません。
※医療費控除の対象になる可能性があります。詳しくは地域の税務署へお問い合わせ下さい。


〒452-0817 愛知県名古屋市西区二方町40番地 mozoワンダーシティ4F|TEL:052-508-8446